企業法務担当者のための解決サイト

148414人目の訪問者

企業法務相談.JP

個人情報保護法における「個人情報取扱事業者」とは誰を指す・・・

個人情報保護法における「個人情報取扱事業者」とは誰を指すのでしょうか?

弁護士の回答

個人情報保護法は、「個人情報取扱事業者」を「個人情報データベース等を事業の用に供している者をいう。」と定義しています(個人情報保護法23項)。

「事業の用に供している者」とは、一般企業のような営利事業を行う者のみならず、NPO法人のような非営利団体も含まれます。

ただし、個人情報データベース等を事業の用に供する者であっても、国の機関、地方公共団体、独立行政法人は「個人情報取扱事業者」含まれません。また、2015年の個人情報保護法改正前までは、データベースに含まれる個人情報によって特定される個人の数が5000人を超えない場合には、そのデータベースを用いる者は、「個人情報取扱事業者」には当たらず、「個人情報取扱事業者」に関する個人情報保護法の規定が適用されませんでした。

しかし、同年の改正により、上記緩和措置が撤廃されたため、今後は、取り扱う個人情報の数にかかわらず、個人情報データベース等を事業の用に供する者は、個人情報取扱事業者となります。

問題は解決しましたか?

もし問題が解決しなかったら、「弁護士に何度でも相談できる」顧問弁護士のサービスへ