企業法務担当者のための解決サイト

161616人目の訪問者

企業法務相談.JP

個人情報保護法における「個人情報データベース等」とは何を・・・

個人情報保護法における「個人情報データベース等」とは何を指すのでしょうか?

弁護士の回答

個人情報保護法における「個人情報データベース等」は、個人情報保護法の適用対象となる者(「個人情報取扱事業者」)や「個人データ」を定義するために必要な概念として用いられています。

「個人情報データベース等」の主なものは、特定の個人情報を電子計算機(コンピュータ)を用いて検索することができるように体系的に構成したものとしています(個人情報保護法221号)。個人情報を検索するためのデータベースと考えると想像しやすいと思います。

また、「個人情報データベース等」には、「特定の個人情報を容易に検索することができるように体系的に構成したものとして政令で定めるもの」も含まれます(同法222号)。想定されるものとしては、病院のカルテや学校の指導要録が挙げられます。

問題は解決しましたか?

もし問題が解決しなかったら、「弁護士に何度でも相談できる」顧問弁護士のサービスへ